子宮卵巣摘出手術



子宮全摘出手術は帝王切開に続いて婦人科の手術で最も多く行われている手術です。

子宮全摘出手術には現在次の4つの方法があります。
1. 膣式子宮全摘出術
2. 腹腔鏡下子宮全摘出術
3. ミニラパ(小切開)子宮全摘出術
4. 腹式子宮全摘出術

当院では、1番の膣式子宮卵巣全摘出手術を行っています。
これまでの臨床実績により,膣式子宮全摘出術は安全性,傷跡,回復期間,入院期間,コストの点で腹腔鏡下子宮全摘出術より優れた効果を挙げていることが実証されています。

膣式子宮全摘出術は,1813年にドイツ人医師のランゲンベック氏が初めて行ったもので,当初は子宮脱のみの治療に用いられていましたが,その後,子宮脱の症状がない場合も子宮の摘出が可能になりました。

米国産婦人科学会(ACOG)が2009年11月発行の専門誌「Obstet & Gynecol」に寄稿した記事によると,がん患者以外からの子宮摘出については安全かつ低コストな膣式子宮全摘出術が最も望ましいとの見解が示されています。膣式子宮全摘出術は,腹腔鏡下子宮全摘出術や腹式子宮全摘出術と比較して合併症のリスクが低い,回復時間が短いといった利点があります。

メタ分析の観点から治療効果を体系的に検討するコクラン共同計画が実施したランダム比較試験でも,膣式子宮全摘出術は腹腔鏡下子宮全摘出術や腹式子宮全摘出術と比較してすべての面で優れており,がん患者以外の治療に最も適していると結論付けられています。

手術の流れ

  1. Webからお申し込み
  2. 術前 精密検査(埼玉セントラルクリニック)
    血液検査
    MRI検査
    術前精密検査は埼玉セントラルクリニック で行います。
    ※約1週間で検査結果が出ます
  3. 術前 診察(恵比寿TGクリニック)
    精密検査の結果をもとに問診
    埼玉セントラルクリニックでの精密検査結果に異常がある場合は、再度ご来院を願いする場合がございます。
    また、手術を受けることができない場合がございます。予めご了承ください。
    ※術前診察、精密検査料金のご返金はできかねます。
  4. メール、または電話にて手術日程の調整
  5. 手術
    術前診察は恵比寿TGクリニックで行います。
    手術は、全身麻酔の手術になるため、入院設備がある
    群馬県利根中央病院で行います。
    術前診察、執刀、恵比寿TGクリニックの院長が担当しますので
    ご安心ください。
お申込み

料金

恵比寿TGクリニック初診料
2,700円
※オンラインホルモンご利用の方は無料
術前診察・精密検査
129,800円
手術費用
645,400円
合計
777,900円
 
手術費用内訳

子宮卵巣摘出手術(膣式)
・子宮全摘+両側付属器切除(入院3泊4日)
・麻酔管理
・手術薬剤 術後輸液
・食事 補水液など

スケジュール

精密検査

・月〜金 9:00〜17:30
・土   9:00〜15:00
日祝休診日

恵比寿TGクリニック術前診察

毎週土曜日

・第2、第4、第5 土曜日は9:00〜18:30
・第1、第3 土曜日は9:00〜16:00

手術可能日

・利根中央病院にて週1回
・術前検査時に日程調整

詳細

  1. 術前診察
    初診料2,700円と事前検査料金がかかります。  
    問診と血液検査、手術の説明をさせて頂きます。
    手術日程の調整して、血液検査結果が出て問題がなければ本予約完了です。
    ※血液検査結果は約1週間ほどお時間を頂きます。
  2. 手術
    手術当日から3泊4日の入院になります。
  3. 術後検診
    一週間後、恵比寿TGクリニック、もしくは利根中央病院にて術後検査を行います。
    「溶ける糸」の場合は抜糸は必要ありません。状態により糸の種類が変わる可能性がございますので、予めご了承ください。
  4. 1ヶ月検診
    1ヶ月後、恵比寿TGクリニックへ検査通院があります。

※通院も含めて全て料金に含まれています。(交通費、宿泊費等は除く)

お申込み